初めての飼育でそろえたいペット用品メインイメージ

普段の食生活にゴマ油を取り入れる

みなさんは食用油にはどんな種類があるかご存知でしょうか。サラダ油、オリーブオイル、ココナッツオイル、ゴマ油などその他にもいくつかの種類があります。その中でもゴマ油についてこちらではご紹介していきます。ゴマ油はの原料はもちろんゴマです。ゴマは健康食品としてよく知られていますが、何がいいの?どんな効果があるの?と、まだまだ知らない方も多くいらっしゃるかと思います。ゴマには、美容と健康を保つ成分がたくさん含まれていて、非常に栄養価が高い食品として注目を集めています。ゴマ油に加工されても栄養成分は変わらないので、いつも使っているドレッシングをゴマ油に変えてみたり、中華スープにゴマ油を加えると風味もよくなり、ゴマの栄養成分も取れるのでおススメですよ。ゴマにはセサミンという栄養成分があります。セサミンはゴマにしか含まれていない希少な成分で、人間の老化の原因のひとつである活性化酸素を防止する効果があります。その他にも体に良い成分がたくさん入っているので、当サイトを参考にして、ゴマ油を上手に食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ミールキットの宅配
栄養バランスを考慮した夕食の食材とレシピを配達します。
忙しくて買い物に行けない。毎日の献立を考えるのが苦手。
それならショクブンのミールキットで美味しく解決!
https://www.shokubun.co.jp/
  • ゴマ油

    植物由来の油(オイル)にはひまわり油、オリーブオイル、菜種油などいろいろありますが、 どれもおいしそうな香りがするのでお料理に使われていると食欲も増進してつい食べ過ぎてしまいます。 もちろんおいしいだけでなく様々な栄養も含まれているので健康にもよさそうです。 そこで、ここではゴマ油について、どんな栄養素が含まれているのか、その効能など、ゴマ油の基礎知識について解説していきたいと思います。 これを読めばきっとあなたもゴマ博士になれるでしょう。

    ゴマ油

  • セレン

    ゴマ油にはセレンが含まれていますが、これがどのような成分なのかは並の菜食主義者では知りえないことかもしれません。 それほど一般的には認知されていないセレンという元素ですが、実は私たち人間の体にとても良い働きをしてくれる成分なんです。 セレンの持つ抗酸化作用はビタミンEとの相乗効果でさらにパワーアップします。 そしてなんとゴマ油にはビタミンEも含まれているので、参加による老化や動脈硬化を防いでくれるという、なんとも嬉しい働きをしてくれるんですよ。

    セレン

  • リノール酸

    畑から生まれるゴマ油の主な成分はリノール酸やオレイン酸なので、トランス脂肪酸の多いサラダ油とは少しばかり違った品種になるでしょう。 家庭のキッチンで最も使用されているのはサラダ油になるでしょうから、多くの人はトランス脂肪酸を子供の頃から摂取してきたことになります。 でも健康を考えるとリノール酸を含んでいるゴマ油の方が身体によさそうですし、どちらかの油を舐めなければならない状況になったのならゴマ油 を選択した方がいいことを知っておいてください。

    リノール酸